"

○営業部長:「社長、最近の若い子は昔と違って自分からは何もやりませんな。一から十まで言わないと動かない。困ったものです」

●社長:「そうなのか。若くてもしっかりした考えを持っている子もいるだろう」

○営業部長:「いやいや。若い子と言っても、私が言っているのは30代の主任や係長です。働き盛りの年齢なのに、この層が一番ひどい。社長はあまりご存知ないかもしれませんが、30歳を過ぎても自分からやろうという気持ちが全然ない。危機感がない世代と言いましょうか」

●社長:「色々な社員がいるだろうから、主体性が少々欠けている者もいるだろうな」

○営業部長:「少々というか、まったく駄目ですな。これだから日本は世界の中で後れをとっていくのではないですか」

●社長:「そういった部下にどう働きかけているのかね」

○営業部長:「うーん、働きかけですか。と言いますか、どうして最近の子はああなのでしょうか。社長は色々な企業を見ておられるからご存じでしょう。どこの会社も、言うことを聞かない若い子ばっかりですか」

●社長:「『すり替え』は止めたまえ。私の質問にまず答えてくれないか」

○営業部長:「まぁ、きちんと意識して仕事をやってもらいたいです。もっと問題意識を持ってほしいというか」

●社長:「もらいたいとか、ほしいとか、君が願っていても埒が明かない。主語を『自分』にして、君がそういった部下に何をどう働きかけているのか、それを説明したまえ」

○営業部長:「働きかけても全然駄目ですよ。本当に自分から動こうとしないですから。まったく何を考えているのだか」

●社長:「具体的に答えてもらおうか。30代の部下たちに、君はこの3カ月以内に、どのような働きかけを何回、実施したのか」

○営業部長:「ええ?」

●社長:「ええ、じゃない。さっきから、はぐらかしてばかりじゃないか。部下への不満や愚痴ばかり言っていないで、彼ら彼女らをどのように変えようとしたのか言いなさい」

○営業部長:「社長、お言葉ですが、30歳を過ぎた部下に、部長である私が手取り足取り言わないといけないのでしょうか」

●社長:「繰り返すが『すり替え』は止めろ。よく分かった。君が問題だと思う部下たちに対し、君は具体的な働きかけを一切していないということだな」

○営業部長:「一切していないというわけでは」

●社長:「では君が働きかけたことを具体的に言いたまえ」

○営業部長:「……」

●社長:「要するに君は部下たちを遠目に見ながら、念力や超能力で動かそうとしていたわけだ」

○営業部長:「社長、そんな念力だなんて……」

●社長:「そうだろう。愚痴や不満ばかり言って、何も働きかけていない。君がやっているのは『きちんと仕事をしてもらいたい』と願うことだけだ。念力だと嫌味の1つでも言いたくなる。危機感や問題意識や主体性がないのは君のほうだ。営業部長として何をすべきが自分で考え、行動したまえ」

"
"

会長曰く、「個人情報が漏れる危険がある」とのこと。まあ、これも事前の想定のとおりだ。石田は「みなさん大人なんですから、うまくやりますよ」と応えた。それでもその話にこだわろうとするので、ちょっと「PTA と小学校は、個人情報に関してはずぶずぶの関係ですよね?」*1と話を振ったが、素でなんの話かわからない様子だった。ので、その話はそれ以上しなかった。

 続けて会長曰く、『ここにいる 4人(3学年の学級代表) で合意して使うのは構わないが、各学級で使ってはダメ』とのこと。これを聞いて石田は、『あぁ、この方は本当に「会長は偉くて、強い権限を持っているのだ」と、確信しているのだな』と思った。石田は『それは違う。本来 PTA は、会員がみな同じ権利と責任を共有している。なにより石田個人がメーリングリストのサービス使ってやってることなのだから、誰にも禁止される筋合いはない。各学級で使うかも自由だ』との旨を、精一杯の『おとな語』で述べた。

 その次に会長から出てきた言葉に、度肝を抜かれた。会長は鋭い目で石田を睨みつけ、鋭く冷たい口調で『今、ここで口論がしたいですか』と言い放った。石田は「口論」ではなく、「議論」のつもりだったし、意見を述べていただけだったが、単に『いいえ』とだけ応じて、会長は『では、やめましょう』と言って、その話は終わった。

 果たして会長は、自分が行ったことの意味を、自分で理解しているだろうか。これでは『お前の意見は聞かない。黙って私に従え』と言っているも同然だ。

"
"「最近のライトノベルはエロばっかりですっかりポルノめいてしまっている」と言う旨の話を良く聞く。あーたしかにそうだなーと思いながら私は芥川賞受賞作品「共喰い」を読む。1ページ目からセックス。このミステリーがすごい1位「葉桜の季節に」を読む。1ページ目からセックス。"
"例えば母親なら、自分の作った料理を子供が食べなかったら、当然、「どうして?」と思うよね。お客さんのことを思う気持ちは、それと同じぐらい自然に出てこないといけない。だから、テーブルに残った料理を見て、「どうして?」と思わないなら、食べ物屋はやめた方がいい。"
thefashionatelier:

Marion Cotillard photographed by Mario Testino for Vogue US July 2010

thefashionatelier:

Marion Cotillard photographed by Mario Testino for Vogue US July 2010

awamori-kyoutarou:

ジンベエジェットです。レアでなかなか見ることができません。

awamori-kyoutarou:

ジンベエジェットです。レアでなかなか見ることができません。

"いまさら坂本龍一が「ロックは政治を歌うべき」と言ったそうだが、「日本にはスターリンってバンドがあるんですよ」ってどっかの来日した外人とケタケタ笑ってたの俺は忘れてねえぞ。"
georgegrimaldis:

Jeff Koons, Coloring Book - Royal Academy of Arts, London by chrisjohnbeckett on Flickr.
George Grimaldis shares a photograph of a Jeff Koons sculpture: Jeff Koons, Coloring Book  Royal Academy of Arts, London

georgegrimaldis:

Jeff Koons, Coloring Book - Royal Academy of Arts, London by chrisjohnbeckett on Flickr.

George Grimaldis shares a photograph of a Jeff Koons sculpture:

Jeff Koons, Coloring Book
Royal Academy of Arts, London

Theme created by: Roy David Farber. Based on concepts from: Hunson's Black and Blue Eyes theme. Powered By: Tumblr.
1 of 2283